Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[快腕が語る究極の投球論(2)]東浜巨「理想は10安打完封です」

posted2022/06/04 07:03

 
[快腕が語る究極の投球論(2)]東浜巨「理想は10安打完封です」<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

SANKEI SHIMBUN

5月11日西武戦で9回を97球で投げ切り、史上84人目のノーヒットノーランを達成した。プロ入り当初から掲げる理想は「10安打完封」。快記録達成もその信条は揺らぐことはない。

 5月11日、福岡PayPayドーム。

 ノーヒットノーランの快挙を成し遂げた東浜巨だったが、じつは試合中にアクシデントと闘っていた。

「あの日は特に湿気が多くて蒸し暑かった。5回で50球も投げていなかったのに(49球)、もう右脚をつってしまって」

 どちらかというと丁寧な投球で球数を要しながら抑えていくタイプだ。しかし、この日は相手の西武の早打ちというより、東浜の制球が素晴らしかった。きっちりゾーンに投げ込むから、打者はバットを出すしかない。それでいて直球が切れてシンカーも鋭く落ちる。敵はもうお手上げだった。

 5回に脚がつってからは変化球多めの配球に切り替えた。東浜は言う。

「(甲斐)拓也のリードが僕の中では大きかった。ずっとバッテリーを組んできて、僕の良い時も悪い時も経験してくれている。だから、彼と一緒にとったノーヒットノーランだったと思います。あの日もイニングを投げ終わるたびに話し合い、マウンドの中では時に僕が我を通して、そういう駆け引きもしながら、うまくコミュニケーションをとれた」

 9回表。最後の打者は金子侑司だった。東浜とは同学年で、一緒に大学日本代表でプレーしたこともある関係である。ラストボールを投げる前に東浜は2度、甲斐のサインに首を横に振った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3014文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東浜巨
福岡ソフトバンクホークス
甲斐拓也
金子侑司
千賀滉大
佐々木朗希
鴻江寿治
沖縄尚学高校
比嘉公也

プロ野球の前後の記事

ページトップ