Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[動作解析の第一人者・川村卓が読む]3年目の進化と170kmの可能性

posted2022/06/02 07:00

 
[動作解析の第一人者・川村卓が読む]3年目の進化と170kmの可能性<Number Web> photograph by Miki Fukano

text by

赤坂英一

赤坂英一Eiichi Akasaka

PROFILE

photograph by

Miki Fukano

野球における動作解析とトレーニング理論のパイオニアが、高校時代から知る佐々木朗希のフォームを分析。理論と知識、指導経験から“進化”の鍵を解き明かし、未来の可能性にも言及した。

「衝撃でしたね、佐々木朗希くんの投げ方を見た時は。あれは誰にも真似できないし、教えられてできるものでもない。そもそも、指導者もそんなふうに教えませんから」

 そう語る筑波大准教授、硬式野球部監督の川村卓氏は、「令和の怪物」を大船渡高校時代から最も間近に見てきた動作解析の第一人者である。高3の夏、ブルペンで投げる姿を至近距離で視察し、まず驚かされたのはリリースポイントの高さだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2435文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

佐々木朗希
千葉ロッテマリーンズ
筑波大学
川村卓
大船渡高校
國保陽平

プロ野球の前後の記事

ページトップ