SCORE CARDBACK NUMBER

流した涙のすべてが勲章に。名将コーチKが47年のキャリアに幕。

posted2022/04/24 07:00

 
流した涙のすべてが勲章に。名将コーチKが47年のキャリアに幕。<Number Web> photograph by Getty Images

デューク大を5度NCAAトーナメント優勝へ牽引。オリンピックでは3度、アメリカ代表を金メダルへと導いた

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 シーズンの終わりは涙で迎えたい――。デューク大の名将、コーチKことマイク・シャシェフスキーが毎年、目標としてきたことだったという。

「喜びの涙か、あるいは悲しみの涙でもいい。それは、すべてを出し切ったことの証だから」

 47年のコーチキャリア最後のシーズンとなった今シーズンも、同じ思いだった。

 若い選手たちの頑張りでNCAAトーナメントを勝ち進んだデューク大は、7年ぶりにファイナルフォーまで進出。名将にふさわしい完璧なエンディングまであと2勝だった。しかし、運命のように準決勝でライバルのノースカロライナ大と対戦し、激戦の末、最後は一歩及ばず。デューク大のシーズンも、コーチKのキャリアも終わりを迎えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

マイク・シャシェフスキー
デューク大学

バスケットボールの前後の記事

ページトップ