村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『一日一生』波乱万丈な実体験に基づいた仏の教えにとどまらない言葉。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2022/04/12 07:00

『一日一生』波乱万丈な実体験に基づいた仏の教えにとどまらない言葉。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『一日一生』酒井雄哉著 朝日新書 770円

 天台宗の僧侶、故・酒井雄哉大阿闍梨を描いた『超人の教え』(中尾清光著)を以前、紹介させていただきましたが、今回は大阿闍梨の言葉が一人称でつづられた『一日一生』です。

 タイトルのとおり、一日を一生のように過ごす大切さを説いています。草履を一日で履きつぶして次の日に新しいものを履いていくことで、大阿闍梨は自分と草履を重ね合わせます。その日を一生懸命に生きていけば、また翌日は新しい気持ちになっていろんなものと出会うことができる、と。たとえその日失敗したとしても次の日に引きずる必要はまったくないのだと教えてくれます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 644文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

他競技の前後の記事

ページトップ