Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ボンズ、クレメンス落選は正しいか?]MLB殿堂を巡る晴れない思い

posted2022/04/02 07:01

 
[ボンズ、クレメンス落選は正しいか?]MLB殿堂を巡る晴れない思い<Number Web> photograph by Getty Images

ボンズが'01年に記録したシーズン73本塁打は通算762本塁打とともにいまだ歴代1位。史上唯一の「500本500盗塁」達成者でもある

text by

小西慶三

小西慶三Kezo Konishi

PROFILE

photograph by

Getty Images

1月下旬、ラストチャンスの投票でも届かず、レジェンド3人の殿堂入りが消えた。理由は薬物問題と政治的舌禍。大論争を呼んだ落選劇への想いを、投票権も持つ筆者が綴る。

 本当にあれでよかったのか――。

 アメリカ野球殿堂の選出者発表からもう2カ月が過ぎたというのに、まだスッキリできない自分がいる。労使交渉がやっと決着し、26日遅れで始まった2022年キャンプ。本来なら前向きな気持ちで選手たちを追っていたはずだったのに……。

 わだかまりの原因は史上最多762本塁打を誇るバリー・ボンズと通算4672奪三振、サイ・ヤング賞7度のロジャー・クレメンスの落選にある。2人には候補資格10度目の今回がラストチャンス。殿堂入りは全米野球記者協会に10年以上所属する者による投票で75%以上の票を得なければならないが、ボンズは66.0%(260票)、クレメンスは65.2%(257票)だった。

 パフォーマンス向上目的の薬物を使った疑いが強いながらも、メジャー史に残る活躍をした2人。この投打の超大物に対する投票結果は、1980年代後半から2000年代前半にかけての「ステロイド時代」を包括的にどう捉えるべきかの結論になると思われていた。もちろん2人の落選の事実は厳粛に受け止めるほかないが、自分を含め多くの投票者に後味の悪さを残したのも確かだろう。というのも、既に何人もの〝灰色〟選手が殿堂入りしているからだ。

 例えば、近年ではマイク・ピアザ(2016年選出)、ジェフ・バグウェルとイバン・ロドリゲス(ともに2017年選出)にも薬物使用の噂は絶えなかったし、今回初年度投票で選ばれたデービッド・オルティスは、MLB機構が2003年に非公式に行った検査で陽性反応を示したとされる(オルティス本人は不正薬物使用を強く否定している)。いわば今回の結果が、ステロイド時代の投打の象徴をスケープゴートとし、「臭いものにフタ」とばかりに忌まわしい過去を封印してしまう動きにつながらないか、と気になったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2659文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

バリー・ボンズ
ロジャー・クレメンス
カート・シリング

MLBの前後の記事

ページトップ