Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[堂々の3大会連続メダル]渡部暁斗「求めていた色ではなかったけれど」

posted2022/02/24 07:01

 
[堂々の3大会連続メダル]渡部暁斗「求めていた色ではなかったけれど」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki/JMPA

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki/JMPA

強豪とのデッドヒートの果てに、またも頂点には僅かに及ばなかった。それでも、不調を払拭したエースは悔しさのなかに充実感も滲ませた。3大会連続メダルに結実した「今まででいちばん苦しい4年間」に迫る。

「(体力は)残っていなかったです」

 少しでも順位を上げるためスキー板を前に出す動作すら入れられなかったことが、死力を尽くした一戦を物語っていた。

 先頭で逃げ切りを図る渡部暁斗に、最後の直線に入るカーブで外側から1人、直線で外からさらにもう1人が襲いかかってくる。最後まで続く3者のデッドヒートの末、渡部を待っていたのは、0.6秒という僅差の銅メダルだった。

「手を伸ばしてつかもうとすればするほど、手からこぼれてしまう。届かない人間もいるんです、という感じですかね」

 2月15日、ノルディック複合個人ラージヒルは、渡部にとって7位にとどまったノーマルヒルからの巻き返しと、金メダルという長年の夢をかなえるための舞台だった。

 前半のジャンプを5位と好位置につけ、迎えた後半のクロスカントリーは積極的に前に出る走りを見せた。

「けっこうサインも出したんですけど、あまり引っ張ってくれない部分が多くて。自分でいいペースを作らないといけないと焦りつつ、後ろとの差も見つつという感じでした」

 クロスカントリーでは風を受けることによる消耗を防ぐため、お互いに先頭をかわりつつ進むことが暗黙の了解となっている。だが、渡部にかわろうとする選手はいなかった。長い時間、集団を牽引せざるを得なかったことによる消耗が、満を持してスパートをかけた金メダルのヨルゲン・グローバク、銀メダルのイエンスルラース・オフテブロのノルウェー勢とのわずかな差を最後の最後に生みだしたかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1286文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

渡部暁斗
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ