Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[前回女王の苦闘]小平奈緒「絶望が棲みついた脚で」

posted2022/02/24 07:02

 
[前回女王の苦闘]小平奈緒「絶望が棲みついた脚で」<Number Web> photograph by Sunao Noto/JMPA

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Sunao Noto/JMPA

氷上に速く、美しい軌跡を描いてきた女王にとって、北京は直前のアクシデントにより試練の土地となった。磨き抜かれたスケーティングと実直で愛される人柄。長年彼女を追うライターが、苦闘の中の胸中に迫る。

 500mの38秒09と、1000mの1分15秒65。2本のレースに自身の“生き様”をたっぷりと投影した。すべてのレースを終えた時、小平奈緒は目を潤ませていた。

「痛みや、やるせなさが涙になって出てしまった」

 号泣ではなく、泣き笑いでそう言った。小平の強さと優しさがにじみ出ていた。

「悲しい姿を見せると、同じように悲しくなる人がいる。それに、自分自身もここまで挑戦できたことを納得したいですから」

 1000mのレース後に胸元で小さく拍手をした意味を聞かれると、さらに気丈に微笑みながら、そう言った。こらえる目の縁に浮かぶ涙は、冷たさよりもぬくもりを感じさせた。

 自身4度目の大舞台となった北京五輪は、女子500mで2大会連続金メダル、同1000mでは連続の表彰台というターゲットがある中での戦いだった。とてつもなく高いハードルがそびえていたのは、たゆまぬ努力で輝かしい実績を手にしてきたからこそ。小平を15年以上指導する結城匡啓コーチはこう語っていた。

「ソチ五輪の後は、全日本スプリント選手権5位というピンチの状態から必死に持ち上げたが、平昌五輪の後は極めて高いレベルで、いかにもうひとつ伸ばすかということに主眼を置いてやってきた」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2227文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

小平奈緒
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ