SCORE CARDBACK NUMBER

攻撃型に転換したダニエル太郎。「自分は芸術家だと信じたい」

posted2022/02/13 07:00

 
攻撃型に転換したダニエル太郎。「自分は芸術家だと信じたい」<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全豪、マリーに勝って臨んだ3回戦で世界10位の20歳、ヤニック・シナーに惜敗。だが改めて進化を印象づけた

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 ダニエル太郎が全豪で元世界1位のアンディ・マリーを破る殊勲を立てた。10代半ばから拠点を置いたスペイン仕込みの粘りが身上だったが、そのイメージを覆す積極的な攻めが金星を引き寄せた。

「今のままでも力がつけば上がっていけると考えていたが、やっぱり違う。自分の武器が出てこないと130位の人にも勝つのは難しくなる」

 こう話したのは4年前。堅実さだけではじり貧になる、回り道をしてでも攻撃的なテニスに脱皮しようと決めた。その'18年にツアー初優勝を果たす。同じ頃、動物の動きを模した奇妙なエクササイズをSNSの動画で公開した。身体能力の開発が目的で、総合格闘技の選手を参考にしたという。それでも、攻撃型への転換は容易ではなかった。昨年の全米では「ポイントを早く終わらせる」速攻を試みたが、空回りした。どう攻めるか、また、とりわけ難しいのが「いつ」攻めるかの判断だ。どうやってこれを会得したのか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 523文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ダニエル太郎
アンディ・マリー

テニスの前後の記事

ページトップ