Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[先駆者・本田武史の技術解説]全日本選手権で見えた3連覇への照準

posted2022/02/03 07:03

 
[先駆者・本田武史の技術解説]全日本選手権で見えた3連覇への照準<Number Web> photograph by Naoyoshi Sueishi

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Naoyoshi Sueishi

全日本で初披露したSPの、つなぎの充実と激しくも美しいステップ。フリーでついに挑んだ4回転アクセルに垣間見える、膨大な練習の蓄積。3連覇がかかる五輪シーズンの特別なプログラムに散りばめられた、羽生結弦ならではの卓越した技術を、4回転の先駆者が解き明かす。

 今季の注目の1つは、新しいショートプログラム『序奏とロンド・カプリチオーソ』です。選曲という点では、本来はバイオリンの曲をピアノ演奏にしたことは、意外性があって良いなと思いました。皆が知っている王道の曲で、違うアレンジ、というのはすごく印象に残りやすい。勝てる曲選びといえるでしょう。

 この曲はバイオリンによる激しい曲調のイメージがあったので、冒頭の序奏の部分を聞いた時に「こんな静かな解釈もあるのか」と思いました。しかし羽生選手が滑り始めると、身体の動かし方が音に溶け込んでいくように感じました。

 演奏は清塚信也さんですから、2人で編曲を相談したと思いますが、全体の流れは素晴らしいです。序盤はゆったりと始まり、ジャンプに集中できるような曲調になっていますし、後半は一気に盛り上がっていく。最後のステップでガッと動いて見せ場を作る理想的な流れです。2分50秒のなかで、これだけ変化があると、見ていてもあっという間に終わる印象です。

 ゆったりとした音の取り方や身体の使い方にはジェフリー・バトル氏の振付を感じますし、激しく動く場面のドラマティックさはシェイ=リーン・ボーン氏のアイディアが伝わってくる。ブライアン・オーサーコーチも加わったといいますし、皆さんのコラボレーションで生まれた作品です。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2356文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

本田武史
羽生結弦
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ