ラストマッチBACK NUMBER

<現役最終戦に秘めた思い(26)>村上茉愛「自分ではなく、誰かのために」

posted2022/02/02 07:01

 
<現役最終戦に秘めた思い(26)>村上茉愛「自分ではなく、誰かのために」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

有観客で開催された世界体操は約2500人の観衆が見守った。村上は'17年大会以来2度目の金メダル獲得

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

東京五輪で日本女子体操・個人種目初のメダル獲得。栄誉を胸に、そこで戦い終えてもよかったかもしれない。しかし、銅メダリストにはやり残したことがあった。

2021.10.24
世界体操競技選手権
成績
平均台 3位(13.733点)
ゆか 1位(14.066点)

   ◇

 北九州の空はよく晴れていた。秋の乾いた空気が清々しかった。

 2021年10月24日、世界体操競技選手権・種目別決勝の朝、村上茉愛はタクシーで総合体育館へと向かっていた。市内から15分の道すがら、ずっと窓から外を眺めていた。

《景色を眺めながら、今日が最後なんだなと考えていました。朝起きて試合会場に向かうことも、ユニホームを着ることも、試合用のメイクをすることも、すべてこれが最後なんだと。でも名残惜しいということではなく、ここまでよくやってきたなあという気持ちでした》

 この世界選手権を最後の舞台にしようと決めたのは夏の東京オリンピックが終わった後だった。

 母国で開催されたスポーツの祭典、村上は得意のゆかで日本女子個人種目史上初めての銅メダルを獲得したが、ひとつだけ心残りだったのが、無観客だったことだ。

《やはり最後は自分のためではなく、人のために体操をしたいという気持ちが強かったんです。誰かに見てもらいたかった。五輪が終わってコロナの影響が少し落ち着いて、世界選手権が有観客となった時点で出場しようと決めました。これを最後の試合にしようと》

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3893文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

村上茉愛

体操の前後の記事

ページトップ