Beyond The GameBACK NUMBER

「1972年の札幌五輪」は平和と愛の時間だった。

posted2022/01/16 07:00

 
「1972年の札幌五輪」は平和と愛の時間だった。<Number Web> photograph by KYODO

表彰台を独占した日の丸飛行隊。(左から)銀の金野昭次、金の笠谷幸生、銅の青地清二

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

KYODO

 転んだのに笑うオリンピック選手を見たのは、2021年のスケートボード会場が初めてではない。

 1972年の女子フィギュアスケート。その人はフリーの演技で氷に尻をつけた。すぐ起き上がると、花束が微風に揺れるようなスマイルがあった。

 50年前の札幌冬季五輪の銅メダリスト、ジャネット・リン。優勝のオーストリアのベアトリクス・シューバ(課題をスケートでなぞる規定が1位、フリーは7位)の滑走姿が歳月に消えても、シカゴ生まれの18歳の銅メダリスト(規定4位、フリー1位)の髪の色なら国民の記憶に刻まれている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1027文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ジャネット・リン
引木孝夫
大坪利満
青地清二
オリンピック・パラリンピック

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ