SCORE CARDBACK NUMBER

実験中のオフサイド判定自動化は、失われた歓喜を取り戻せるか?

posted2021/12/24 07:00

 
実験中のオフサイド判定自動化は、失われた歓喜を取り戻せるか?<Number Web> photograph by Getty Images

アラブ杯でVAR画面を確認する主審。W杯アジア予選では日本の伊東純也のゴールが長時間判定後に取り消された

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 アトレティコ・マドリーのルイス・スアレスが嘆いていた。

「いまは昔ほどゴールを喜ぶ気にはなれないんだ。ゴールを決めたあの喜びも、アドレナリンも、疑念とともにどこかへいってしまう」

 スタンドのファンも同じだ。ここ数年、欧州のスタジアムで熱気の低下を感じるようになった。かつてそこにあった、ネットが揺れた瞬間にスタジアムを包んだ歓喜も、怒号も、嘆きの声もグレードダウンした。

 先日、アトレティコの本拠地で試合を見て改めてそれを実感した。かつては欧州でも有数の熱量で包まれていたが、随分とおとなしい。現在のチームの調子やコロナ禍による影響もあるだろう。しかしファンの表情を見ていても、ゴールに喜びはするものの、すべてを忘れ歓喜に酔いしれるような姿は見られない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 580文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

アトレティコ・マドリー
ルイス・スアレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ