審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>やはり彼には特別な何かがあるんでしょう。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

posted2021/12/14 07:01

<私が裁いた名勝負>やはり彼には特別な何かがあるんでしょう。<Number Web>

加藤将門さん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

2021年 東京オリンピック2020
サーフィン男子準決勝
7月27日/釣ヶ崎海岸

五十嵐カノア 17.00対16.76 ガブリエウ・メジナ

WSLチャンピオンシップツアーのライバルが激突した準決勝。世界ランク1位のメジナがいきなり8.33、4本目には8.43を叩き出す。だが1本目に7.67をマークした五十嵐は5本目、エアリバースを成功させて9.33! ベスト2本の合計で逆転した。決勝で敗れたものの銀を獲得

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1576文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

加藤将門
五十嵐カノア
ガブリエウ・メジナ
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ