Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[英断がスターを創る]五十嵐カノア「地球が舞台の英才教育」

posted2021/10/22 07:02

 
[英断がスターを創る]五十嵐カノア「地球が舞台の英才教育」<Number Web> photograph by Yoshiyuki Matsumura

五十嵐の“ローカル”であるカリフォルニア州ハンティントンビーチ。サーファー憧れの地だ

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph by

Yoshiyuki Matsumura

アメリカ西海岸で生まれ、ローカルのビーチで育ち、ルーツのある千葉の海で銀メダルを獲得した24歳。幼少期から巧みに波を乗りこなしてきたパイオニアの転機は、サーフブランドが主催する“世界ツアー”への参加だった。

「今回も勝てたらよかったけど、こればっかりは仕方ないよね。あ、そういえばそろそろ彼の誕生日じゃない?」

 9月終わりの海を見つめながらライフセーバーの青年が言った。

「桟橋の南側の方が波がいいから、あっちだとブレット・シンプソン(2度のUSオープン覇者で東京五輪米国代表ヘッドコーチ)もよく見かける。日本でもサーフィンが盛り上がってるの? そりゃいいね」

 上空に轟音が響いた。海に突き出た長い桟橋をかすめ、4機の戦闘機が編隊を組んで白いスモークを吐き出していく。五十嵐カノアが3度目の優勝に挑んだUSオープンの余韻残るビーチでは、週末の航空ショーに向けた準備とリハーサルが進んでいた。

 青い空から青い海に視線をおろせば、そこではたくさんのサーファーが波に揺られてテイクオフのタイミングを待っている。サーフィンの聖地と呼ばれるカリフォルニア州のハンティントンビーチ。朝のラウンドを終えた年輩のローカルサーファーがシャワーを浴びていた。

「カノアならこのへんでよく見かけるよ。普通に朝ごはん食べてたりするよな。スター選手かもしれないけど、いたって普通の兄ちゃんだよ」

 一年中サーファーの姿が絶えないこの地に五十嵐カノアは育ち、3歳から父のもとでサーフィンを覚えた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2292文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

五十嵐カノア
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ