プロ野球PRESSBACK NUMBER

激戦の新人王争い「栗林が60%、牧が40%」 完全試合男・槙原寛己に聞く“大豊作の2021年ルーキーは何が違う?” 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byJIJI PRESS

posted2021/12/07 11:06

激戦の新人王争い「栗林が60%、牧が40%」 完全試合男・槙原寛己に聞く“大豊作の2021年ルーキーは何が違う?”<Number Web> photograph by JIJI PRESS

混戦極まる今年のプロ野球新人王争い。15日に迫る発表を前に、巨人の元投手で新人王を獲得している槙原寛己氏に話を聞いた

牧の打撃は「“あの助っ人外国人”を彷彿とさせる」

 栗林に劣らない成績を残したのが牧でした。打率.314は立派の一言。彼の良さはなんといっても、広角に打ち分けられること。インコースのさばき方、アウトコースの右中間への打ち方は、プロで10年やっている選手もお手本にしたくなるようなものでした。

 追い込まれてからファールで粘れるところもいいですね。ガッチリした体格と打席での風格は、ベテラン選手さながら。昨年までDeNAに所属していたホセ・ロペスを彷彿とさせます。シーズン前半に好成績を残して、その後一度低迷したもののシーズン終盤に再び盛り返した。来年以降の活躍も大いに期待できる選手です。

 後半戦につれて成績を上げてきたという点では、アンケートで3位に入った奥川恭伸(ヤクルト)も同様ですね。CS、日本シリーズとあの大舞台で好投した“強心臓”も魅力。彼も来年、エース級の活躍を見せる可能性は高いと思います。

ルーキーイヤーに痛感するのは「自分の体力不足」

 どうしても投手目線になってしまいますが、このオフは肩と肘を中心に、身体のケアに専念してほしいですね。ほとんどの若手選手が、シーズン中に自分の“体力不足”を感じたと思います。それは私もルーキーイヤーで痛感したことです。先輩たちのキャンプについていくなり、専門家にアドバイスを聞くなりして、一流選手の身体作り、メンテナンスを勉強するのがいいと思います。

 成績を残した若手選手は、来シーズンのマークも厳しくなるでしょうが、それでこそプロの世界。スーパールーキーから本物のスター選手へ――。これからが勝負、という意気でがんばってほしいですね。

#1から読む「あなたが予想するセリーグ新人王」ベスト3…3位は奥川、では“わずか55票差”の1位と2位は誰か?《700人アンケート》

関連記事

BACK 1 2 3
宮城大弥
伊藤大海
栗林良吏
牧秀悟
奥川恭伸
東京五輪

プロ野球の前後の記事

ページトップ