Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[第6戦 KEYMAN]川端慎吾「耐えて、待って、花は咲いた」

posted2021/12/03 07:00

 
[第6戦 KEYMAN]川端慎吾「耐えて、待って、花は咲いた」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 まるでこうなる事を予想していたかのように、切り札を切る場面がやってきた。

 残された攻撃は1回。しかもすでに2死。あとアウト1つで勝ちはなくなるところで、巡ってきたチャンスだった。1番の塩見泰隆が三遊間を破ると、三塁ベンチから高津臣吾監督が満を持して出てきた。

「代打・川端!」

 今季の代打での打率は3割6分6厘。“代打の神様”としてリーグ優勝の立役者の一人となった川端慎吾というカードを、ここでようやく指揮官が切ったのである。

「ランナー一塁で、後ろも山田(哲人)、村上(宗隆)と3、4番がいた。何とか後ろに繋ごうという気持ちで(打席に)入ったんですけど、ランナーが二塁に行って……またいいところに落ちてくれました」

 カウント2-2からパスボールで塩見が二進した後の7球目だった。内角スライダーにどん詰まった。それでも最後に左手で懸命に押し込む。フラフラと遊撃手の紅林弘太郎の後方に上がった打球が、前進する左翼手の吉田正尚との間にポトリと落ち、塩見が一気に日本一を決めるホームへと頭から滑り込んだ。

「7回くらいからずっと準備をしていたので、いつ(出番が)きてもいいように準備はできていた。いいところで回ってきてくれました」

 前回の2015年のリーグ優勝は、攻撃的2番打者という真中満監督の期待に応え、首位打者も獲得してチームの背骨を支えた。しかし2017年に椎間板ヘルニアを発症して2度の手術を経験。腰のケアをしながら代打という仕事に活路を見出した今季は、ひたすら出番を待ち続けて、一瞬の勝負に自分の技術のすべてを注いできた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 390文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

東京ヤクルトスワローズ
川端慎吾

プロ野球の前後の記事

ページトップ