プロ野球PRESSBACK NUMBER

41歳松坂大輔が明かす“10年前、手術を決意した日”「イチローさんに怒られた…『バッピみたいな球投げてんじゃねーよ』って」 

text by

吉井妙子

吉井妙子Taeko Yoshii

PROFILE

photograph byKYODO

posted2021/11/30 11:05

41歳松坂大輔が明かす“10年前、手術を決意した日”「イチローさんに怒られた…『バッピみたいな球投げてんじゃねーよ』って」<Number Web> photograph by KYODO

10月19日の引退試合。5球を投げ、23年間の現役生活に別れを告げた

松坂 ピッチングは何とか出来るけど、日常生活では腕が上がらなかったです。だからシャンプーの時は左手で洗っていたし、肘はもうだめかもしれないと感じていましたね。

 ただ、痛みで途中降板した次のカードはマリナーズ戦。イチローさんがいるのに登板を回避するわけにはいかない。何とか投げようとしたけど、3回あたりから力がほとんど入らなくなってしまい、イチローさんから後で「バッピ(バッティングピッチャー)みたいな球投げてんじゃねーよ」と怒られてしまいました(笑)。それでもう手術をするしかないな、と。

「早期治療、僕も発言していくつもりです」

裙本 結局、手術は何回しているんですか。

松坂 レッドソックス時代に肘、ソフトバンクの時に肩、西武時代に首を手術し、引退試合を行った直後に膝を手術しました。ほとんどの器官にメスを入れていますね(笑)。

 病院もあちこちに行きましたね。評判を聞いて訪ねたり、医師に紹介してもらったり。治療院に限って言うなら北海道から九州まで、いいと聞けばどこにでも飛んで行きました。

 そんなこともあってか、西武の時は他球団の監督やコーチから「うちの●●選手が今こういう状態なんだけど、どこの病院に行けばいい?」とか、他チームの選手から直接ケガの相談をされることもあったんですよ。

 特に日本に帰国してからの7年間はファーム暮らしが多かったので、ケガに苦しむ選手や故障に不安を抱える選手を多く見てきたし、アドバイスを求められることも多かったですね。

 若い選手からすればなかなかコーチや監督には言いにくい。故障をつまびらかにしたら、使ってもらえないという不安が正直ある。だから同じ選手の僕には言いやすかったんだと思います。

裙本 でも選手のためには、ケガや故障を口にし易い環境があった方がいいんじゃないでしょうか。

松坂 本当にそう思います。僕はそれなりの年齢だしキャリアもあるから、治療には積極的に動くことができたけど、若い選手はそうはいかない。早期発見、早期治療は選手だけでなく、長い目で見ればチームのためでもあるんです。

裙本 早期治療に再生医療をぜひ取り入れていただきたいので、その知識をもっと広めていくのが僕らの課題ですね。

松坂 早期治療は何も球界だけでなく、多くのアスリートにも考えて欲しいので、僕も発言していくつもりです。<#3へ続く>

#3に続く松坂大輔「8~9割のプロ野球選手は“不具合”を抱えている」ケガに泣かされてきたからこそ訴える「体のメンテナンスにはお金をかけて」

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

<完全保存版>松坂大輔

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number PLUS December 2021

<完全保存版>
松坂大輔

Daisuke Matsuzaka 1998-2021

【巻頭スペシャル】 イチロー、松坂大輔を語る。

【Number傑作選】
伝説の誕生 甲子園1998
怪物の衝撃 西武ライオンズ1999-2006
メジャー挑戦 2007-2014
日の丸を背負って オリンピック&WBC
日本球界復帰と決断 2015-2021

定価:本体1430円(税込)目次ページへ

関連記事

BACK 1 2 3
松坂大輔
イチロー
埼玉西武ライオンズ
ボストン・レッドソックス
中日ドラゴンズ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ