Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[18番から18番へ]桑田真澄「お互いに人生の完投勝利を目指して」

posted2021/11/06 07:00

 
[18番から18番へ]桑田真澄「お互いに人生の完投勝利を目指して」<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

松坂大輔が憧れを抱いた存在。それが桑田真澄だった。甲子園優勝投手、ワインドアップ、23年間のプロ生活――。数々の共通項を持つ「背番号18」が贈る最後のメッセージ。

 大輔は悔いのない現役生活を送ったのかな。ここ数年はケガに悩まされて投げられず、いつ引退してもおかしくないシーズンを送っていたと思います。だからこそやり切った、もう卒業だという気持ちで野球人生を終えてほしいと願っていました。大輔に話したのは「悔いなく終えるのは難しいと言われるけど、自分が納得して次のステージに行こうという気持ちになれればそれでいいんじゃないか」ということ。大事なのは自分の思うままに決断することなんです。大輔は今、41歳か。200勝まであとどのくらいだったの……えっ、170勝? それは驚いた。もっともっとたくさん勝ってるイメージがありますよね。

 初めて大輔と話をしたのは22年前、彼がプロ1年目の開幕を迎える直前のことでした。そのときは「がむしゃらにやればいい」と話した記憶があります。1年目というのはプロ野球の世界がわからない。だから、がむしゃらにやればプロ野球はこういう流れで進むんだ、こういう選手がいるんだ、こうやれば勝てるんだということがわかるようになります。勝っても負けてもいいから、がむしゃらにやるだけでいい。そのことを伝えたかったんです。そうすることで自分の立ち位置を感じ取る……エースになるためにはこの経験が欠かせません。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1742文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
桑田真澄
横浜高校
PL学園高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ