Sports Graphic NumberBACK NUMBER

「(松坂)大輔を一度だけ注意したのは、イチローとやったとき」東尾修がいま明かす、22年前ルーキー松坂を初めて見た日の“不安”

posted2021/11/05 17:03

 
「(松坂)大輔を一度だけ注意したのは、イチローとやったとき」東尾修がいま明かす、22年前ルーキー松坂を初めて見た日の“不安”<Number Web> photograph by SANKEI SHIMBUN

1998年度のドラフトで日本ハム、横浜ベイスターズ、西武ライオンズの3球団競合の末、西武に入団した松坂大輔。東尾修監督(当時)が交渉権を引き当てた

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

SANKEI SHIMBUN

Number最新号は『松坂大輔 平成の怪物のすべて。』、松坂大輔本人のロングインタビューに加え、上原浩治、ローズ、清原和博といったライバルたちの証言など……平成の怪物のすべてを語り尽くしています。そのなかからルーキー時代の松坂大輔を指導した東尾修氏(元西武ライオンズ監督)のインタビューを掲載します。

「君が200勝したら返してくれ」――。23年前、超高校級右腕を西武へと導いた指揮官は、自身のボールに思いを託し手渡した。そこから交錯し始めた、二人の“エース”の物語。今も鮮明に記憶する愛弟子のあの日の姿を、恩師が回想する。

◆◆◆

 東尾修は東京タワーを望むホテルの喫茶にいた。大きな窓が見えるテーブル席でコーヒーを飲んでいた。

 松坂大輔が最後のマウンドに立つ数日前のことだった。

「大輔から引退すると電話をもらったよ。まあ、どういう状況かは色々なところから聞いていたし、限界だということはわかっていた。あとはいつ発表するかだけだったから……」

 外は雨だった。ほんのり色づいた木々の葉が霧雨に濡れていた。季節が秋へと向かう情景のためか、東尾の独特の低音が寂しさをともなって聞こえた。

 東尾と松坂にはいくつもの縁があった。監督と選手の間柄であり、ライオンズのエースの系譜に名を連ねる者同士でもあった。ただ何より、ふたりをずっと繋いできたのが、1つのボールだった。

「あのボール? どうするんだろうな。わからんなあ……」

 1998年のドラフト会議、西武ライオンズは横浜高校のエース松坂を1位で指名した。3球団競合の末に、交渉権を引き当てたのは、監督である東尾の右手だった。

 だが、甲子園を春夏連覇した大物ルーキーは地元の横浜ベイスターズへの入団を希望しており、西武が交渉権を獲得したことに複雑な表情を浮かべていた。つまり東尾は、片想いの松坂を説得する必要があった。

「君が200勝したら返してくれ」

 数日後、東尾は西麻布の焼肉店に電話を入れた。顔馴染みで、融通のきく店だった。

【次ページ】 「君が200勝したら返してくれ」

1 2 3 4 NEXT
松坂大輔
西武ライオンズ
東尾修
イチロー
片岡篤史
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ