Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[車いすバスケの超新星]鳥海連志「“桜木花道”は止めないほうがいい」

posted2021/10/22 07:03

 
[車いすバスケの超新星]鳥海連志「“桜木花道”は止めないほうがいい」<Number Web> photograph by Ryokan Matsui

text by

村岡俊也

村岡俊也Toshiya Muraoka

PROFILE

photograph by

Ryokan Matsui

パラリンピックで見事に銀メダルを獲得した、車いすバスケ日本代表。その中でひときわ輝いたのは、チーム最長のプレータイムを誇り、文字通りに攻守で躍動した22歳だった。爽やかなルックスでも注目され、大会MVPにも輝いたニュースターは幼少期からどんな道を歩んできたのか。

 義足を履けば身長は180cmを超える。その隆々とした背筋と上腕も相まって、体躯はそれ以上に大きく見え、威圧感さえ覚えてしまう。パラリンピックでは、漫画『SLAM DUNK』の登場人物になぞらえて、車いすバスケ界の“流川楓”と評されたが、その爽やかなイメージは裏切られた。髪を短く切り、金色に染め上げた姿は誰が見ても悪役上等の“桜木花道”だろう。

 思わず世間のイメージとの齟齬について尋ねると、「リアルな僕と世間的な鳥海は、全然ミスマッチですから」と不敵に笑った。

「足がないからっていう考えも別になかったし、自分にあるものがすべてなわけだから、それで制限を作るっていうことは子どもの頃にはなかったと思うんで」

 1歳を待たずに通い始めた長崎市の保育園「菜の花こども園」で、鳥海は“普通の子ども”として育てられた。

 先の言葉は、運動会の障害物競走でそそり立つ壁を登り、飛び降りたエピソードを振り返った際のもの。当時担任だった副島慎也によれば、その壁は跳び箱のように高さが変えられたが、鳥海は2.5m近い最も高い壁を望んだという。3歳の時に切断した両下肢にはバレーボール用の膝当てをつけてはいたが、飛び降りれば大怪我をするかもしれない。だが両親と保育園は、鳥海の「やりたい」という気持ちを可能な限り尊重する方針で一致していた。副島は言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3806文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

鳥海連志
スラムダンク
西田聡
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ