新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『ラストパス―引退を決断してからの5年間の記録―』中村憲剛が綴った最後の5年間。引退に込めた覚悟と「美しさ」。 

text by

軍土門隼夫

軍土門隼夫Hayao Gundomon

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/08/31 07:00

『ラストパス―引退を決断してからの5年間の記録―』中村憲剛が綴った最後の5年間。引退に込めた覚悟と「美しさ」。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『ラストパス―引退を決断してからの5年間の記録―』中村憲剛著 KADOKAWA 1650円

 2020年11月1日に行われた中村憲剛の引退発表会見は、誰にとってもまさしく青天の霹靂だった。左膝の前十字靱帯断裂の大怪我からやっと復帰し、前日には40歳の誕生日を自ら祝うバースデーゴールを決めていた。ようやくピッチに戻ってきて、まだまだやれると証明したばかりじゃないか。誰もがそう思った。もちろん僕も、心の底から驚いた。

 阪神や京都の競馬場、栗東トレセンなど関西で競馬の取材の仕事が入ると、まずは合わせてガンバ大阪戦やヴィッセル神戸戦を観に行けないか検討する。そのくらいには熱心に川崎フロンターレを応援してきた。当然ホームゲームは全部行く。全部、目の前で見てきた。だからこそ、この引退のしかたには驚かされた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 679文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

中村憲剛
川崎フロンターレ

Jリーグの前後の記事

ページトップ