SCORE CARDBACK NUMBER

ピストンズ再建を託された大型新人、カニングハムの完璧すぎる言葉力。

posted2021/08/18 07:00

 
ピストンズ再建を託された大型新人、カニングハムの完璧すぎる言葉力。<Number Web> photograph by AP/AFLO

チャック・デイリーのための永久欠番で、カニングハムの大学時代の背番号でもあった「2」をピストンズで着ける

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 つかみから完璧だった。

 今年のNBAドラフトでデトロイト・ピストンズが1巡目1位で指名したケイド・カニングハムは、指名直後のインタビューでカルティエのサングラスをかけ、カメラに向かって「デトロイトのみんな、俺は全身全霊、本気だ」と宣言した。

 単なるカッコつけのポーズではない。昔からデトロイトでは、バッファローホーンを使ったカルティエのサングラスを特別なステータスシンボルとする独自のカルチャーがある。つまり、サングラスでデトロイトの街へのリスペクトを表したのだ。

 ピストンズは優勝3回の伝統あるチームだが、ここ10年以上は低迷し、表舞台から遠ざかっている。それを変えようと、去年夏に着任した新GMが再建に取り組んでおり、有望な若手を集めている中で、チーム復活の切り札として指名したのがカニングハムだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 538文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

東京五輪激闘録。

Sports Graphic Number 1033・1034

東京五輪激闘録。

 

関連記事

デトロイト・ピストンズ
ケイド・カニングハム

バスケットボールの前後の記事

ページトップ