Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[再び夢舞台に]池江璃花子「運命のリスタートを切って」

posted2021/07/29 07:03

 
[再び夢舞台に]池江璃花子「運命のリスタートを切って」<Number Web> photograph by Itaru Chiba

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

生涯最大の試練を乗り越え、2度目の大舞台に立った日本のエース。目標の決勝進出は果たせなかったが、地元東京で、再び世界へと歩み始めた。

 スタート前、くちびるを真一文字に引き締めた。集中力を高めて飛び込んだ。ひとたび泳ぎ終えると、仲間を見つめて柔らかな笑み。まばゆいライトに照らされた東京アクアティクスセンターのプールで、池江璃花子が力強く泳いだ。

「'16年リオ五輪のときもそうでしたが、入場した瞬間に『こんなにキラキラしている会場はみたことがない』と思いました。今回もそれと一緒で、またこの舞台で泳げるんだ、素直にうれしい、すごく幸せ、そう思いました」

 7月24日の競泳女子4×100mフリーリレー予選。白血病から奇跡の復帰を果たした池江は、日本チーム(五十嵐千尋、池江璃花子、酒井夏海、大本里佳)の第2泳者として登場。第1泳者の五十嵐からの引き継ぎタイムながらチーム最速の53秒63で第3泳者の酒井につないだ。ただ、最終泳者の大本の追い上げもかなわず、日本は3分36秒20で予選全体の9位。決勝進出はかなわなかった。

「隣といい勝負をしてきていたので、良い流れでつなぎたかった。最後に離されてしまったのが悔しかった。自分の力を10割出せたかと言われたら、10割は出せていなかったと思う。やっぱり最後はきつくて体も動かずにゴールタッチをしました」

 自分に厳しい池江だけに反省が口を突くが、五輪という大舞台から受けた刺激はやはり大きかったようだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1152文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

池江璃花子
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ