Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

池江璃花子「言葉にできない幸せを感じて」~4冠達成で東京五輪へ~

posted2021/04/15 07:00

 
池江璃花子「言葉にできない幸せを感じて」~4冠達成で東京五輪へ~<Number Web> photograph by Takao Fujita

リオ5位の本職種目とはいえ、「一番戻るのに時間がかかると思っていた」100mバタフライでメドレーリレーの派遣標準突破

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Takao Fujita

どんな言葉より伝わる涙だった。どんな言葉をもってしても言い尽くせない日々だったはずだから。白血病判明から786日――。真剣勝負の日本選手権でみずから手にした代表切符、そして4冠達成。春の陽のようにあたたかく流れた涙までの日々と、五輪の舞台へと向かう彼女のいまに迫った。

 はらはらと流れ落ちる涙に濡れながら、色白の頬が薄紅色に染まっていった。これほど美しい涙を流す人が、東京五輪のプールにいた――。

 東京五輪の日本代表選考を兼ねた競泳日本選手権。大会2日目の4月4日に行なわれた女子100mバタフライ決勝で、池江璃花子が57秒77をマークして、3年ぶり4度目の優勝を飾った。

「まさか優勝できるとは思っていませんでした。自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていました。1位と見えた瞬間、びっくりしました。何が起こったか、わかりません。整理がつきません」

 言葉を口にするたびに涙もあふれた。堪えても、堪えても、抑えられない感情があった。スタンドで見守った選手仲間が泣いていた。目頭を押さえる競技役員もいた。すべての目線の先に、泳ぐことに一途な20歳の女神がいた。

「ただいま!」

 決勝レースに臨む前、シンプルな言葉に思いを乗せて、声に出しながらプールに入場した。表情には3年ぶりの日本選手権で決勝に進んだ喜びと、ほどよい緊張感の両方が浮かんでいた。

 準決勝3位通過の池江は決勝を第3レーンで泳いだ。体重が軽いため、スタートから浮き上がりまでの推進力が不足し、出遅れるのは織り込み済み。それでも持ち前の大きな泳ぎで前半を26秒98と全体の2位で折り返すと、残り25m付近で先頭に躍り出た。後半に伸びる、池江らしい泳ぎで先頭のままタッチ。電光掲示板の一番上に自分の名前と57秒77のタイムが見えると、感情があふれ出た。スタミナに不安のあった池江は、ラスト10mくらいからは後続に抜かれるだろうと覚悟していたという。しかし、最後までトップを譲ることはなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3917文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪
池江璃花子
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ