Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[師弟で叶えた戴冠]大橋悠依「世界一の歓喜は2つの戦略から」

posted2021/07/30 07:05

 
[師弟で叶えた戴冠]大橋悠依「世界一の歓喜は2つの戦略から」<Number Web> photograph by Hiroyuki Nakamura

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Hiroyuki Nakamura

「自分が金メダルを獲れるなんて本当に思っていなかった」。日の丸を背負って5年。過去何度も挫折を味わってきた遅咲きの女王が、五輪の大舞台で大輪の花を咲かせるまで。

 左右の手で両目の涙をそっとぬぐった。

「オリンピックチャンピオン」

 東京アクアティクスセンターに場内アナウンスが響くと、大橋悠依の目がみるみる潤んでいった。

「金メダルを獲るなんて思っていなかった。夢みたい。正直、実感がなかったのですが、表彰台に上る前に『オリンピックチャンピオン』と紹介され、うれしさがあふれました」

 7月25日の競泳女子400m個人メドレー決勝を4分32秒08で制した。メインポールには日の丸が揚がっていた。日本競泳陣にとっての今大会メダル1号は、お家芸と言われながら1964年東京五輪ではひとつも獲ることのできなかった金メダルだった。

 前夜の予選を4分35秒71の好タイムで泳ぎ、3位で通過していた。決勝では最初のバタフライを3位で入ると、得意の背泳ぎで順位を上げ、3種目めの平泳ぎでスッと首位へ。最後は自由形を得意とする米国勢を振り切り、真っ先にゴールした。決勝のタイムは予選より3秒63も上げていた。

 レース前は緊張がマックスに達していた。平井伯昌コーチに「緊張してます、緊張しています」と繰り返した。返ってきたのは「緊張していて当たり前。順位もタイムも気にしなくていい。自分のできること全部やれば大丈夫」という言葉。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2368文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

大橋悠依
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ