バレーボールPRESSBACK NUMBER

女優・大林素子に聞く“芸能界のオリンピックは?”「私はまだ市民大会にも出られていないくらいの実感ですね」 

text by

河崎環

河崎環Tamaki Kawasaki

PROFILE

photograph byShigeki Yamamoto

posted2021/07/14 11:05

女優・大林素子に聞く“芸能界のオリンピックは?”「私はまだ市民大会にも出られていないくらいの実感ですね」<Number Web> photograph by Shigeki Yamamoto

現役引退から25年が経った大林素子さん(54)

 迷いはあった。けれども、一方で「負けてるから、何もないから、やりやすいんです」と大林は言う。

「勝ち組だなんてプライドは一つもないので、どんな仕事もできて、あえてバカになれる。今、アスリート出身ながらお芝居を続けているのもそうで、もし私がスター選手だったら、他にもっと悠々自適な世界があったんじゃないですかね」

 3度もオリンピックに出場した事実も、ストイックな彼女の中ではメダルが取れなければ「勝ち」ではない。ただ、“負けたオリンピアンだからこその今”もある。

どこに行っても「バレーボールの大林さんが」と思われる

 大林の気さくさは、トップアスリートが放つ威圧感とは対極にあるように感じられる。「いつも“下級生面”しちゃうんですよ。芝居やってても、本当は周りよりもすごく年上なのに『新人です』みたいに立ち振る舞うから、『ちょっと面倒くさい、邪魔』って思われているかもしれないです(笑)」。

 大林のこういう新鮮さが、新しいものに挑戦することを恐れない姿勢や多方面での活躍の理由なのかもしれない。

「スポーツは、勝ち負けも上手い下手もはっきりしていて、誰が1番か、順位をつけられるんですよ。でも芸能って、点数をつけられないじゃないですか。知名度、視聴率、CDやチケットの売り上げ、ファンの数……。そういう数字は、本当の歌の上手さや芝居の上手さとイコールじゃない。全く何も知らない素人でもパッとその日スターになることもあるし。芸能って、本当に正解の形がない。だからすごく難しいんです」

 そして、大林は“バレーボールの大林素子”のイメージから逃れられないコンプレックスを吐露した。

「逃げかもしれないんですけど、どこかでアスリートになっちゃう自分がいて。それは、どうしても『バレーボールの大林さんが』って思われちゃうからなんです。結局、何をやってももうバレーボーラー、スポーツというイメージが消えることはない。時には都合よくそれを逃げにしちゃうこともありますけど、その分どこのジャンル行っても、よそ者というか、疎外感があります」

女優・大林素子にとっての「オリンピック」とは?

 アスリート、スポーツキャスター、女優……。あらゆる分野で活躍する引き出しの多さは、頭が良くて努力家の大林だからこそできることだ。けれども、大林は「芸能界で、マルチはそんなに重宝されない」と言い切る。

「やっぱり芸能って、特化したものがある方が生きていけるんですよ。私の方が芝居年数長くても、“1本できた人間じゃない”というコンプレックスみたいなものは消えない。一生ずっとそれは変わらないと思います。でも何か大きな、すごい高い夢を掴んだ瞬間、変わると思うんです。

【次ページ】 女優として目指す「オリンピック」は…

BACK 1 2 3 4 NEXT
大林素子
蜷川幸雄
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バレーボールの前後の記事

ページトップ