Number Web MoreBACK NUMBER

「大谷翔平=(イチロー+松井秀喜)×2」と絶賛する専門家も… 全米が騒然となった“24歳時の曲芸打ち”と芸術的ホームランとは 

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/07/08 11:04

「大谷翔平=(イチロー+松井秀喜)×2」と絶賛する専門家も… 全米が騒然となった“24歳時の曲芸打ち”と芸術的ホームランとは<Number Web> photograph by Getty Images

2019年6月、当時月間自己最多となる9本目の本塁打を放った大谷翔平

最大の魅力は二刀流だが……

 そして、その翌日。大谷は技と力を融合させる芸術の10号本塁打を中堅左へ叩き込んだ。

 3回1死一塁。先発右腕アンダーソンが投じた92マイル(約148キロ)のフロントドア・シンカーは内角の膝もとに決まろうとしていた。

 この難しい球に対し、最短にバットを出し、完璧なまでのインサイドアウトのスイングでバットをボールの軌道に入れるとそのまま中堅方向へ押し込んだ。大谷はこの一打をこんな言葉で振り返った。

「引っ張ってもいいですし、センター方向に打ってもいいのかなと思う。何がいいのかなというのは関係なく、いろんなアプローチがあっていいのかなと思います」

 24歳にしてこのコメント。打者・大谷の現在地は既にイチローさん、松井さんを凌いでいると言うのか。

 大谷の最大の魅力は二刀流であることは言うまでもないが、超一流の打者がひしめき合うメジャーの世界で、彼は既にその頂点の一角に君臨している。

 果てしない可能性を持ち、想定を超える打撃術で魅了する大谷を見るに、打者専任へ導こうとする声が多くなるのも不思議ではない。恐れいる野球選手。それが大谷翔平なのだとつくづくと感じる。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
イチロー
松井秀喜

MLBの前後の記事

ページトップ