SCORE CARDBACK NUMBER

あの夏には及ばずとも。大嶺祐太、復活の1勝の価値。~丸佳浩がもっとも衝撃を受けたピッチャー~

posted2021/06/18 08:00

 
あの夏には及ばずとも。大嶺祐太、復活の1勝の価値。~丸佳浩がもっとも衝撃を受けたピッチャー~<Number Web> photograph by KYODO

ロッテ一筋14年で背番号は4度も変更。'19年はオフに育成契約となるも、昨季は再び支配下選手に這い上がった

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

KYODO

 難しい場面だった。6月4日、荒天の横浜スタジアム。3回までにマリーンズ、ベイスターズが点を取り合って荒れたゲームは5-5となる。そして4回裏、マリーンズの2番手としてマウンドへ上がったのが、2019年1月に右ヒジのトミー・ジョン(靱帯再建)手術を受けて復活を期す大嶺祐太だった。

 大嶺は145kmを超えるストレートを微妙に動かす。4回をゼロに抑え、2点を勝ち越した5回もツーアウト一、二塁のピンチで山下幸輝に初球のフォークを引っ掛けさせた(二ゴロ)。そして2回無失点の大嶺に、4年ぶりの勝ち星がついた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 667文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<特集 阪神タイガース>猛虎新風伝Tigers1985-2021

関連記事

大嶺祐太
千葉ロッテマリーンズ
八重山商工高校

プロ野球の前後の記事

ページトップ