プロ野球PRESSBACK NUMBER

ロッテの「逆転へ導く11番」佐々木千隼…吉井コーチにセットアッパー転向を決断させた絶品スライダーと“独特のセンス”とは?

posted2021/06/09 17:03

 
ロッテの「逆転へ導く11番」佐々木千隼…吉井コーチにセットアッパー転向を決断させた絶品スライダーと“独特のセンス”とは?<Number Web> photograph by Chiba Lotte Marines

セットアッパーとして存在感を発揮している佐々木千隼。昨日、誕生日を迎えて27歳になった

text by

梶原紀章

梶原紀章Noriaki Kajiwara

PROFILE

photograph by

Chiba Lotte Marines

 プロ入り5年目。佐々木千隼投手が一軍マウンドで存在感を見せている。セットアッパーとして6月8日時点で4勝1セーブ。チームの躍進に大きく貢献をしている。

 ストレート、シンカーに加え、中でも大きな武器になっているのが特殊な曲がりをするスライダーだ。マスクをかぶることが多い柿沼友哉捕手はこのスライダーを「奥行きのある変化球」と証言をする。

「スライダーが普通とは違っていて、奥行きがあります。スラーブといえば、いいのでしょうかね。カーブに近い感覚の球。バッターはタイミングが合わせにくいと思いますよ」

 スライダーを武器に凡打の山を築く。ただ、そこにはもちろんピッチングの大前提がある。ストレートあっての変化球だ。

「今年はストレートに例年以上に強さがあります。スピードガンよりもはるかに速く感じます」(柿沼)

昨季はわずか5試合登板のみ

 2016年のドラフトにて、“外れ1位”ながら異例の5球団競合の末、鳴り物入りでマリーンズへやってきた佐々木千。1年目こそ先発で4勝を挙げたものの、翌18年は右ひじを手術して一軍登板ナシ。19年は2勝、20年は春季キャンプで右肩を痛め大きく出遅れ、わずか5試合の登板で未勝利に終わった。

 勝負の5年目――先発ではなくセットアッパーとして再出発した。

 セットアッパーとしての可能性を見出した吉井理人投手コーチは「ドラフト1位の実力ですよ」と前置きをしながら語り出す。

【次ページ】 吉井コーチが語る「センス」

1 2 3 NEXT
佐々木千隼
千葉ロッテマリーンズ
柿沼友哉
吉井理人
井口資仁

プロ野球の前後の記事

ページトップ