村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『阿片王・里見甫の生涯 其の逝く処を知らず』“人を殴る”ボクシングへの覚悟を決めさせてくれた一冊。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/05/19 07:00

『阿片王・里見甫の生涯 其の逝く処を知らず』“人を殴る”ボクシングへの覚悟を決めさせてくれた一冊。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『阿片王・里見甫の生涯 其の逝く処を知らず』西木正明著 集英社 2420円

 僕が読書好きになったのは、父親の影響が多分にあります。四六時中と言っていいほど何かの本を読んでいましたし、口癖も“本を読め”でしたから。それでも僕自身、読書量が増えていくことになるのは、競技に復帰してロンドンオリンピックを目指していた東洋大学職員時代。メンタルが強くなかったので、自分の心を知るために心理学や哲学系の本がどうしても多くなっていました。

 意識して読書するようになった最初のころの本って、心に残りやすいのかもしれません。昭和初期から終戦まで、アヘンの売買によって中国にいる日本陸軍の活動を資金面で裏から支えていた里見甫を描いた『其の逝く処を知らず』は僕にとってそんな一冊だと言えます。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 641文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~

関連記事

ボクシングの前後の記事

ページトップ