ボクシングPRESSBACK NUMBER

33歳元Jリーガーが重量級プロボクサーに転身…野洲の衝撃、10年前の挫折、リベリアから亡命「やっと燃え尽きる場所が見つかった」

posted2021/04/28 17:02

 
33歳元Jリーガーが重量級プロボクサーに転身…野洲の衝撃、10年前の挫折、リベリアから亡命「やっと燃え尽きる場所が見つかった」<Number Web> photograph by Shimei Kurita

プロボクサーに転向したハウバート・ダン。井上尚弥らが所属する大橋ボクシングジムで汗を流している

text by

栗田シメイ

栗田シメイShimei Kurita

PROFILE

photograph by

Shimei Kurita

「他のプロスポーツからの転身。イロモノで見られるのは分かっています。でもね、誰に何を言われようがもう気にしません。サッカーでは完全燃焼できなかったが、ボクシングでならできる。そんな気がしているんです」

 元Jリーガーがプロボクサーへの転身――。

 そんなニュースが一部スポーツ紙で報じられたのが、3月末のこと。ハウバート・ダン、33歳。久しく表舞台で聞くことがなかった男の名前は、筆者を含む30代半ばの高校サッカーファンには知られた存在でもあった。そんな男がいったいなぜ突如ボクサーを志したのか。所属する大橋ジムで取材に応じたダンは、自身の軌跡をなぞりながら、冒頭の言葉を何度も繰り返した。

ジョージ・ウェアに憧れて

 リベリア人の父と日本人の母のもとに生まれ、ACミランで一時代を築いた“リベリアの怪人”ジョージ・ウェアに憧れてボールを蹴り始めた。

 小さな頃から嫌なことは続かない性格だったという。ハーフで体も大きいダンはひときわ目立ち、学校生活では疎外感を感じることも少なくなかった。集団の和に入ることが苦痛で、人並みの悪さもしてきた。本人曰く、極度の飽き性。それでも、不思議とサッカーと向き合う時間だけは苦にならなかった。

 山口県・多々良学園高(現・高川学園高)時代にその名は全国に知れ渡ることになる。恵まれた体躯に裏付けされた身体能力を活かし、2005年度の選手権ではエースストライカーとしてゴールを量産。青森山田高や流経大柏高ら名門校を次々と撃破し、同校として初のベスト4入りの原動力となった。

 準決勝では乾貴士、青木孝太らを擁し、「セクシーフットボール」と称されて大会を席巻した野洲高に惜敗。それでも統率されたチームにあって、個人技で局面を打開するダンは優勝校の脅威となり、強烈なインパクトを残した。当時のことをこう懐かしむ。

【次ページ】 野洲のミーティングに衝撃

1 2 3 4 NEXT
ハウバート・ダン
京都サンガF.C.
大橋ボクシングジム

ボクシングの前後の記事

ページトップ