Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

遠藤航「ボランチにとっては“要求”こそ醍醐味」~継ぐ者の覚悟~

posted2021/05/12 07:00

 
遠藤航「ボランチにとっては“要求”こそ醍醐味」~継ぐ者の覚悟~<Number Web> photograph by Getty Images

“怪物”ハーランドらとレベルの高い真剣勝負を繰り返すことで、心身ともに逞しくなっている

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph by

Getty Images

世界屈指の強度を誇るブンデスリーガで、大男たちを押しのけてデュエル勝利数1位を誇る。自信と自覚を強める日本代表の主軸が明かす、ポジティブな変化とカタールW杯への思い。

 そのデュエルの強さは「モンスター」や「マスター」と評される。敵の侵入を防ぎ、味方の攻撃を促進させる姿から「ボディーガード」「パワーハウス(原動力)」などと呼ばれることも。いずれも身長178cmの日本人MFの異名とは思えないほど心強い。

 技術は高いが強度が低いという日本人の評価を覆す男。それが、シュツットガルト移籍2年目の遠藤航だ。

 だが、当人は「謙虚なチャレンジャー」そのもの。ブンデスリーガも残り数試合となった4月、遠藤は自宅でのリモートインタビューに黒いパーカー姿で現れると、リラックスしたトーンで応じてくれた。

 まずは、今季の出来を『キッカー』誌と同じ6段階評価(1が最高、6が最低)でたずねると、「3か、良くても2.5ぐらいじゃないっすか」との答えが返ってきた。

――1部復帰1年目のシュツットガルトは、今季のブンデスリーガでEL出場権を争うなど大健闘。そんなチームのアンカーとして開幕戦からスタメンの座を守り続けている。それでも控えめな評価の理由は?

「もっとチームのポイント獲得に貢献できた気持ちが強い。昇格1年目で上出来の位置にはいますけど、満足はできないし、もっと勝ち点を取れたと思います」

――昨季は2部で『キッカー』誌のベストイレブン入り。1部でも同様のインパクトを示すには何が肝心だと意識していた?

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4803文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~
遠藤航
シュツットガルト
長谷部誠
カタールW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ