Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

ギド・ブッフバルト「鬼軍曹マガトに託した“推薦状”」~元独代表レジェンドの本音評価~

posted2021/05/13 07:00

 
ギド・ブッフバルト「鬼軍曹マガトに託した“推薦状”」~元独代表レジェンドの本音評価~<Number Web> photograph by Atsushi Kondo

text by

土屋健太郎

土屋健太郎Kentaro Tsuchiya

PROFILE

photograph by

Atsushi Kondo

長谷部誠にとって、最初にして最良の「ブンデス流」指導者こそ、2004年から浦和レッズの監督をつとめた元ドイツ代表DFギド・ブッフバルトだった。若き才能にいち早く目をつけた指揮官は、長谷部を中盤の底に固定したチームで、クラブ史上初となるJリーグ制覇を遂げる。

ドイツ在住ながら'19年からはJリーググローバルアンバサダーをつとめるブッフバルトが、自身のブンデス1部通算試合出場(334)を超えた愛弟子を語った。

 彼はまぎれもないプロで、サッカーのために生きている。長い間、非常に高いレベルでプレーできるだろうと思っていた。

 浦和の監督として指導していたときも、若いのにプロフェッショナルだと感じていたよ。よく話を聞いて、常にベストを尽くす。スピードがあり、ボールを持っても速いし、1対1も強い。比較的体の線が細く、もっと力強くなる必要はあったが、試合を読む力があった。それを持つ選手は少ないから、私はすぐに気づいたよ。それが彼の大きな強みであり、誰より優れているところだった。

 若い選手が完璧であることは決してない。だから、長谷部とはたくさん話した。「球際の1対1にもっとトライすること。常にプレスをかけること。中央のポジションでプレーするなら、周囲とたくさんコミュニケーションを取ること」といった風に。

 試合ではさまざまなことが起こる。経験を積めば積むほど、起こり得る状況をより早く、うまく認識できるようになる。チームがうまくいかない時も、難しい状況を認識して正しい動きをする選手が必要になる。彼はそれをとても早くやってのけた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2321文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~
長谷部誠
ギド・ブッフバルト
浦和レッズ
フェリックス・マガト
ヴォルフスブルク

海外サッカーの前後の記事

ページトップ