沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

大混戦の高松宮記念で単勝を買いたい“強烈な1頭”は? 安定性のレシステンシアには「不安要素」が1つだけ 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2021/03/27 17:01

大混戦の高松宮記念で単勝を買いたい“強烈な1頭”は? 安定性のレシステンシアには「不安要素」が1つだけ<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年の桜花賞ではレシステンシア(中央)が、のちに史上初の無敗三冠牝馬になるデアリングタクトの2着に

レシステンシアを下したあの馬は

 そのレシステンシアを、昨年、NHKマイルカップで2着に下してGI初制覇を遂げたのがラウダシオン(牡4歳、父リアルインパクト、栗東・斉藤崇史厩舎)である。

 こちらはキャリア10戦のうち3戦がスプリント戦と、距離を経験済み。前走、今年1月末にここと同じ中京芝1200mで行われたシルクロードステークスが、一昨年の夏以来のスプリント戦となった。久しぶりの激流にも戸惑うことなく、57kgのハンデを背負いながら最後まで勝ち馬に食い下がり、コンマ2秒差の3着と好走した。

 左回りの東京と中京では5戦2勝2着2回3着1回とパーフェクト。そのうち、NHKマイルカップを含む3戦で、今回と同じくミルコ・デムーロが手綱をとっている。

 混戦のGIでは、騎手の腕がモノを言う。重や不良でも好走し、馬場状態不問のサウスポーにデムーロが乗ってくる、というだけでも怖い。

ダノンスマッシュは父仔制覇がかかる

 昨年のスプリンターズステークスでグランアレグリアの2着となり、つづく香港スプリントでGI初制覇をなし遂げたダノンスマッシュ(牡6歳、父ロードカナロア、栗東・安田隆行厩舎)も上位争いをするだろう。

 勝てば、香港スプリントに次ぎ、ロードカナロアとの父仔制覇となる。

 一昨年の安田記念とマイルチャンピオンシップを勝ったインディチャンプ(牡6歳、父ステイゴールド、栗東・音無秀孝厩舎)も、レシステンシア同様、今回が初めてのスプリント戦となる。実績が示すとおり、本質的にはマイラーで、1400mでは新馬戦を勝ってはいるものの、前走の阪急杯は4着、2走前の阪神カップは3着と、差し届かずに終わっている。が、終い確実に伸びてくる底力があり、乱ペースになった場合、一気に浮上してくる可能性もある。

【次ページ】 ダノンファンタジーはグランアレグリアに重なる

BACK 1 2 3 NEXT
ラウダシオン
レシステンシア
ダノンファンタジー

競馬の前後の記事

ページトップ