沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

大混戦の高松宮記念で単勝を買いたい“強烈な1頭”は? 安定性のレシステンシアには「不安要素」が1つだけ 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2021/03/27 17:01

大混戦の高松宮記念で単勝を買いたい“強烈な1頭”は? 安定性のレシステンシアには「不安要素」が1つだけ<Number Web> photograph by Kyodo News

昨年の桜花賞ではレシステンシア(中央)が、のちに史上初の無敗三冠牝馬になるデアリングタクトの2着に

ダノンファンタジーはグランアレグリアに重なる

 同じく、2018年の2歳女王ダノンファンタジー(牝5歳、父ディープインパクト、栗東・中内田充正厩舎)もスプリント戦は未経験だが、2走前の阪神カップの勝ちっぷりが強烈で、グランアレグリアにイメージが重なる。

 ということで、印を。

 ◎ラウダシオン

 ○レシステンシア

 ▲ダノンファンタジー

 安定性ではレシステンシアが一番だろうが、父に似て、ややワンペースなところがある。切れ味で優る馬がゴール前で逆転するシーンは十分あり得る。馬券的な旨味も考えて、ラウダシオンを軸とした。ダノンファンタジーの単勝も買ってみたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ラウダシオン
レシステンシア
ダノンファンタジー

競馬の前後の記事

ページトップ