SCORE CARDBACK NUMBER

4回転なしでもSP100点超え。J・ブラウンが辿り着いた新境地。

posted2021/03/24 08:00

 
4回転なしでもSP100点超え。J・ブラウンが辿り着いた新境地。<Number Web> photograph by Getty Images

全米選手権ではSPで100.92、FSで176.00、計276.92得点を挙げネイサン・チェン、ビンセント・ゾウに次ぐ3位

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Getty Images

 4回転よりも、美しい滑りで歴史を刻む。26歳の円熟期を迎えたジェイソン・ブラウン(米国)が、新境地を切り開いた。1月の全米選手権で、4回転なしでショートの100点超えを達成。フリーも4回転の成功はないまま総合3位となり、世界選手権の出場を決めた。

 ブラウンは'12年世界ジュニアで銅メダルを獲得し、以来、演技派の選手として人気を集めてきた。ソチ五輪は9位と活躍したが、4回転必須の時代のなか平昌五輪は代表落ち。'18年オフに「新たな自分」を求めて羽生結弦と同じブライアン・オーサーの門を叩くも、トライアウト後にNGとなった。諦めず夏合宿に再び参加すると、熱心な練習姿勢がコーチの心を動かし、2つの条件でチーム入りを果たした。それは「羽生が優先のため、全試合には同行できない」ことと「長所としてきた派手な演技から、滑り重視への変化を受け入れること」だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 506文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

ジェイソン・ブラウン

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ