SCORE CARDBACK NUMBER

トリプルアクセルに加え4回転も視野に。吉田陽菜と河辺愛菜の切磋琢磨。

posted2021/02/28 07:00

 
トリプルアクセルに加え4回転も視野に。吉田陽菜と河辺愛菜の切磋琢磨。<Number Web> photograph by Hiroyuki Nakamura

今季全日本ジュニア選手権2位の吉田(右)とシニア1年目で全日本選手権6位の河辺。互いに高め合う存在だ

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph by

Hiroyuki Nakamura

 京都・宇治の地に昨年4月に発足したエリート育成チーム『木下アカデミー』。そこでは来季の北京五輪選考レースの台風の目となり得る、トリプルアクセルを跳ぶ2人の少女が育っている。今年1月の国体少年女子で、2位と3位になった吉田陽菜(15)と河辺愛菜(16)だ。

 国体のフリーでは、22番滑走の河辺が目立ったミスのない演技で締め、自らの得点を見るとすぐにリンクサイドへと走り、23番滑走の吉田を応援。吉田は見事にトリプルアクセルを降りると、今季2度目の成功にあどけない笑顔を見せた。

「緊張していましたが、仲間が応援してくれたので安心しました。自信があったので降りられると思ったけれど、(質の)良いトリプルアクセルが跳べて良かったです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 563文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<プレミア最前線>不死鳥リバプール大研究

関連記事

吉田陽菜
河辺愛菜
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ