村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『プロゴルファーが順天堂大学院で学んだ「成功する人は頑張らない」』ブラント戦の雪辱に生きた「朝はゆっくり」のルール。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/02/17 07:00

『プロゴルファーが順天堂大学院で学んだ「成功する人は頑張らない」』ブラント戦の雪辱に生きた「朝はゆっくり」のルール。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『プロゴルファーが順天堂大学院で学んだ「成功する人は頑張らない」』横田真一著 主婦の友社 1200円+税

 ゴルフであろうが、ボクシングであろうが、アスリートとして大切なのは「自分のベストを出すこと」。そのメンタルの持ち方においてプロゴルファー横田真一さんの本はとても参考になっています。自律神経の研究と体験を落とし込んでくれているため、説得力があります。

“なるほどな”と思えたことの一つが「朝から気合を入れるといいプレーができない」でした。活動状態だと交感神経が働き、リラックス状態だと副交感神経が働くことになります。いいパフォーマンスを導くには、「交感神経をバランスよく使うこと」が大切だと横田さんは説きます。「人間が本当の意味で集中できるのは40分ほど」とも記しています。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 660文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本ラグビー 主将に学べ

Sports Graphic Number 1020

日本ラグビー 主将に学べ

 

関連記事

横田真一

ボクシングの前後の記事

ページトップ