村田諒太「王者の本棚」BACK NUMBER

『「自然体」がいちばん強い』フッと力を抜いてくれる、「雀鬼」の言葉と体の使い方。 

text by

村田諒太

村田諒太Ryota Murata

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/02/03 07:00

『「自然体」がいちばん強い』フッと力を抜いてくれる、「雀鬼」の言葉と体の使い方。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『「自然体」がいちばん強い』桜井章一著 日本実業出版社 1380円+税

 プロボクサーはどうしても世俗的になって自分の名誉やオカネを追いかけてしまうところがあります。「雀鬼」の異名を持つ雀士、桜井章一さんの著書を読むと、フッと力が抜けていく感覚を持ちます。世間のレールには乗っからない心地良さがどことなくあって“別に自分らしく生きればそれでいいじゃないか”と言ってもらっている感じがします。

 この本に出会った後、ある新聞社の企画で対談させていただき、桜井さんが主宰する道場「牌の音」にお邪魔させてもらいました。想像していたとおり魅力的な方で、オーラがありました。人の気持ちを見抜く力が凄くて、カメラマンさんが撮影しようとしているときに「キミ、一体何を焦っているんだ」と指摘していました。どうも当たっていたようです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 603文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

銀盤の誓い。~Figure Skating Climax 2020-2021~

関連記事

桜井章一

他競技の前後の記事

ページトップ