審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>やがて彼らが雪に順応していくのがわかりました。 

text by

松本宣昭

松本宣昭Yoshiaki Matsumoto

PROFILE

posted2021/01/31 07:00

<私が裁いた名勝負>やがて彼らが雪に順応していくのがわかりました。<Number Web>

布瀬直次さん。

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

1998年 高校サッカー選手権決勝
東福岡 2対1 帝京
1月8日/国立競技場

本山、金古らを擁し史上初の三冠を狙う東福岡と、中田、木島良輔を中心に総体決勝の雪辱を誓った帝京が対戦。21分、ロングパスに帝京・金杉が合わせて先制すると、3分後に右の仕掛けからゴール前の榎下が同点弾。後半早々には本山→青柳とつないで逆転、東福岡が優勝した。

   ◇

「それでは、高校選手権決勝の審判に行ってまいります」

 1998年1月8日、埼玉県立狭山高校の教員だった私は、3学期の始業式を終えて、国立競技場に向かいました。校門から見上げれば、冬晴れの真っ青な空。天気予報では大雪注意報が出ていましたが、まさか数時間後、真っ白なピッチの上で笛を吹いているとは、想像もできませんでした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1399文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

銀盤の誓い。~Figure Skating Climax 2020-2021~

関連記事

布瀬直次
東福岡高校
帝京高校
中田浩二

高校サッカーの前後の記事

ページトップ