Number ExBACK NUMBER

「なぜマラドーナのお宝が日本にあるの?」本人着用の激レアグッズ『ベスト5』公開【アルゼンチン代表編】

posted2021/01/12 11:02

 
「なぜマラドーナのお宝が日本にあるの?」本人着用の激レアグッズ『ベスト5』公開【アルゼンチン代表編】<Number Web> photograph by Getty Images

2020年11月25日に60歳で亡くなったディエゴ・マラドーナ。本人着用のお宝グッズとは…?

text by

朴鐘泰

朴鐘泰Park Jong Tae

PROFILE

photograph by

Getty Images

 好評発売中のNumber PLUS「永久保存版 ディエゴ・マラドーナ 1960-2020」から、マラドーナグッズの記事を特別公開。これから紹介する貴重な代物の所有者は、所蔵点数は400以上にのぼり、世界一のコレクターと呼ばれている永井孝英氏。コレクションを目の当たりにした人は皆、口を揃える。「なぜ、こんなお宝が日本に……」。今回は、W杯でマラドーナが実際に着用したレアグッズ・ベスト5を紹介。これらすべては、マラドーナが実際に着用した品々である――(なお、入手経路については“秘密”だそうだ)。

(1)“初のW杯”、82年のユニフォーム

 まずはじめに、マラドーナが初めてW杯の舞台に立った1982年スペイン大会のユニフォームです。

 この後にご紹介する1986年大会、1990年大会のユニフォームと比べて、少し丈が長めです。これを眺めていると、ブラジル戦で相手に蹴りを入れて退場したシーンが鮮明に蘇ってきます(笑)。

(2)入手まで20年……あの86年メキシコW杯の1着 

 こちらは最も入手が困難とされている、アルゼンチンが優勝した1986年メキシコW杯のユニフォームです。入手時期は2年ほど前ですが、手に入れるのに約20年かかりました。たまたま2つの入手ルートを見つけて同時にオファーしたら両方ともOKが出て、非常にラッキーでした。

(3)86年の貴重なセカンドユニフォーム

 これはメキシコ大会の決勝トーナメント1回戦、ウルグアイ戦のユニフォームです。スコアは1-0で、マラドーナが攻撃の起点となって決勝点が生まれました。

【次ページ】 (4)90年イタリアW杯ユニ「ニセ物を見分けるポイント」

1 2 NEXT
ディエゴ・マラドーナ
アルゼンチン代表

海外サッカーの前後の記事

ページトップ