スポーツ名言セレクションBACK NUMBER

白血病に打ち勝った池江璃花子「大丈夫、いつか終わる」 桃田賢斗「もう辞めます」からの逆襲【絶望から復活の名言】

posted2020/12/30 11:05

 
白血病に打ち勝った池江璃花子「大丈夫、いつか終わる」 桃田賢斗「もう辞めます」からの逆襲【絶望から復活の名言】<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

実戦の場に戻ってきた池江璃花子。2021年、彼女の泳ぎから目が離せない

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph by

REUTERS/AFLO

雑誌「Sports Graphic Number」と「NumberWeb」に掲載された記事のなかから、トップアスリートや指導者たちの「名言」を紹介します。今回は2020年に池江璃花子、内村航平、桃田賢斗の“復活したアスリート”にまつわる3つの言葉です。

<名言1>
ポジティブな方の心が、辛い心を包んでくれて、感じないようにしてくれていたのだと思います。
(池江璃花子/Number1007号 2020年7月16日発売)

◇解説◇
 2019年2月8日、日本列島に衝撃が走った白血病公表――。

 闘病生活を経ての退院から7カ月。日本競泳史に残るマルチスイマー池江はプールに戻ってきた。

 当初は1日1回の練習にとどめていたとはいえ、すでに「一番減ったときと比べて、体重は5kgくらい戻ってきている」と、アスリートとしての肉体を取り戻しつつある。

 抗がん剤治療や手術と向き合った入院中は、「体調が悪くてずっとトイレに籠もりきりのような時も、“大丈夫、いつか終わる”と自分に言い聞かせて、負けてたまるかという気持ちで闘っていました」と、少しでも希望を忘れず日々を過ごしていたという。

 厳しくつらい日々を乗り越えた池江。彼女だからこそ語ることができる、重みのある言葉だ。

 そして2020年8月29日、東京辰巳国際水泳場に池江は戻ってきた。1年7カ月ぶりの公式戦、プールでの練習再開からわずか5カ月の期間で東京都特別水泳大会にエントリーしたことだけでも感動的なのに、10月の日本学生選手権の50m自由形決勝で4位に入るなど、潜在能力が特大であることを示したのだ。

【次ページ】 内村航平「失敗しないでやるのも当然」

1 2 3 NEXT
池江璃花子
内村航平
桃田健斗

水泳の前後の記事

ページトップ