審判だけが知っているBACK NUMBER

<私が裁いた名勝負>野村監督は私を福の神だと思っていたかも(笑)。 

text by

芦部聡

芦部聡Satoshi Ashibe

PROFILE

posted2020/12/15 07:00

<私が裁いた名勝負>野村監督は私を福の神だと思っていたかも(笑)。<Number Web>

谷博さん

語り継がれる名勝負をその演者のひとり、審判が振り返る。彼しか知らない新たな景色が見えてくる。

1992年 日本シリーズ 第7戦
西武 2対1 ヤクルト
10月26日/神宮球場

'92年日本シリーズの最終戦。ヤクルトは岡林、西武は石井丈が先発。ヤクルトが4回、飯田の二塁打から犠打と失策で先制すると、西武は7回2死一、二塁で石井丈の適時打が出て同点に。その裏のピンチを凌ぎ、10回に秋山の中犠飛で勝ち越すと、3年連続の日本一を達成した。

   ◇

 34年間の審判員人生で日本シリーズに出場したのは通算10回を数えますが、やはり初出場となった’92年がいちばん印象に残っています。日本一になるために日々努力を重ねる選手たちと同じく、審判員にとっても日本シリーズは憧れの舞台。プロ野球の審判員になった者ならば、必ずや日本シリーズに出場したいと願うはずです。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1458文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急追悼特集>さらば、マラドーナ。神に最も愛された男

関連記事

谷博
野村克也
ヤクルトスワローズ
東京ヤクルトスワローズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ