Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<追悼メッセージ>
森祇晶「唯一無二の好敵手へ」

posted2020/03/12 08:00

 
<追悼メッセージ>森祇晶「唯一無二の好敵手へ」<Number Web> photograph by Motoyuki Kobayashi

1993年10月、日本シリーズの監督会議に臨むヤクルト・野村と西武・森。

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph by

Motoyuki Kobayashi

同じ捕手として現役時代から交流を深め、'92年、'93年の日本シリーズでは球史に残る激闘を繰り広げた野村と森。ライバルであり盟友でもある知将が、在りし日の姿を偲ぶ。

 野村さんとはもう60年以上のつき合いになるんだね……。なにしろ、沙知代夫人と一緒になるよりも前のことだからさ。僕が巨人、彼が南海だった現役時代には日本シリーズ前に対戦相手の情報提供をお願いしたこともありました。その頃から、お互いの野球観に惹かれる部分があったし、その後のつき合いの中で、ますます相通じる部分が深まっていったような気がするな。

 訃報を聞いたのは、僕の住むハワイ時間で2月10日のお昼過ぎ。ニュースで知りました。最近の病状は知らなかったけれど、彼が多くの本を出版したり、テレビに出演したりしているのは知っていたから、「まさか……」という思いだった。でも、その反面では「やっぱりか……」という思いもあったな。というのも、あの人は全然自分で動こうとしないし、自宅でも車椅子に乗っていることを聞いていたので、「もっと運動をしなくちゃダメだよ」って、ことあるごとに言っていたのでね。

 野村さんに最後に会ったのは2年前、2018年2月、ジャイアンツとホークスのOB戦でした。このときは試合翌日の朝、ホテルで2時間くらい二人きりで話をしました。野球のこと、お互いの近況、社会情勢について、いろいろなテーマが話題でした。これは僕らにとってはいつものこと。だって、僕たちは野球に限らず、さまざまな話ができる唯一の間柄だから。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1896文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

森祇晶
野村克也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ