沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

チャンピオンズカップ、“砂のアーモンドアイ”クリソベリルは「一強」だが…気になる“3歳の大物”も

posted2020/12/05 17:00

 
チャンピオンズカップ、“砂のアーモンドアイ”クリソベリルは「一強」だが…気になる“3歳の大物”も<Number Web> photograph by JIJI PRESS

11月3日、競馬JBCクラシックを制したクリソベリル。1カ月の短い間隔で出走するチャンピオンズカップに期待だ

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

JIJI PRESS

 この秋のGI戦線は、史上初めて3頭の三冠馬が対決した先週のジャパンカップを除き、すべて「一強」の構図になっている。

 今週の第21回チャンピオンズカップ(12月6日、中京ダート1800m、3歳以上GI)も、そうだ。

「ダート界の絶対王者」とも言われているその一強は、連覇を狙うクリソベリル(牡4歳、父ゴールドアリュール、栗東・音無秀孝厩舎)である。

サウジで負けたのが不思議なほどの強さ

  クリソベリルはデビューから6戦全勝で昨年のチャンピオンズカップを制覇。従来の記録を一気に1秒6更新する、1分48秒5というレースレコードでの優勝だった。

  6戦無敗での古馬GI制覇は2002年のエリザベス女王杯を勝ったファインモーションと並ぶ記録。無敗でのJRAダートGI制覇は史上初という快挙であった。

  そこから約3カ月ぶりとなったサウジカップでは14頭立ての7着に敗れたが、帰国初戦の帝王賞と、前走のJBCクラシックを完勝。国内での戦績を8戦全勝とした。

  ここ2戦の強さは、なぜサウジで負けたのか不思議に思えるほどで、今後も日本で負けるシーンは想像しづらい。

  これまでは最低でも2カ月は間隔をあけて使われてきたこの馬にとって、11月3日のJBCクラシックから約ひと月という短い間隔でレースに臨むのは初めてになる。それに関して音無調教師は、「調整しやすかった。休み明けではないので、一度使われた効果が出るかもしれない。今回のほうがいい感じになると思っています」と、むしろ好材料としてとらえているようだ。

 叔父にジャパンカップダートを勝ったアロンダイト、全兄にジャパンダートダービー優勝馬のクリソライト、半姉にエリザベス女王杯と宝塚記念を制したマリアライトがいる、ダート適性も成長力も素晴らしいものを持った一族の出身。今なお、強くなっている真っ最中であることは間違いない。

【次ページ】 「砂のアーモンドアイ」と言っていいほどの存在

1 2 NEXT
クリソベリル
カフェファラオ
タイムフライヤー
クリストフ・ルメール

競馬の前後の記事

ページトップ