バスケットボールPRESSBACK NUMBER

神様ジョーダンは今なら炎上? 「八村塁くんは野茂や中田と同じ」スチャダラパーBoseのNBA愛

posted2020/11/26 11:02

 
神様ジョーダンは今なら炎上? 「八村塁くんは野茂や中田と同じ」スチャダラパーBoseのNBA愛<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

NBAへの愛が深いスチャダラパーのBose。取材でもその造詣の深さを見せてくれた

text by

生島洋介

生島洋介Yosuke Ikushima

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

「へえー、レブロンの時代はまるまるやってないんだ」

 30年来のニックスファン、スチャダラパーのBoseさんはちょっと驚いた様子でこちらが持参したNumber 519号を手に取った。Numberでは“直近”のNBA特集号。表紙はアレン・アイバーソンだ。

 それから約20年後の今季は、八村塁のドラフト&NBAデビューあり、『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』の配信あり、35歳になったレブロン4度目の優勝もあり、日本でもNBA熱が高まった。きっと、久しぶりにNBA観戦を再開した人も多かったに違いない……。

 最新のNumber1015号も八村塁&NBA特集号となった。そこで、NBA Rakutenの『俺達のNBA!!』でMCも務めるBoseさんに今昔の変化を聞いた。まずはゲームそのものが以前とはだいぶ違って見えるんですが?

ステフィン・カリーはNBAのイチロー

「もうめちゃくちゃ変わりましたよ。もちろんずっと変化はしていたけど、特に5年ほど前、ウォリアーズの黄金期から急激に変わりました。それまでは3Pシュートを多投するようなチームが勝てるわけがないと言われていたのが、今やビッグマンでも3Pを打てないと駄目な時代。ここ3年くらいで完全にそうなりました。

 世界を変えちゃったのはステフィン・カリーです。NBAのイチローだと思えばわかりやすくて、こんなの絶対に通用しないよって言われていた人が、通用するどころか競技の在り方を変えてしまった。小さくても、細くても良かったんだって。

 ウォリアーズはそのカリーを軸にして、機動力の高い選手を集めたスモールラインナップっていうのをやるんですけど、3Pシュートを多用してジョーダンの時代には考えられない1試合130点とか平気で取っちゃう」

【次ページ】 楽しむための情報量がぜんぜん違います

1 2 3 NEXT
八村塁
レブロン・ジェームス
マイケル・ジョーダン
スチャダラパー
Bose

バスケットボールの前後の記事

ページトップ