Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

マジック・ジョンソン×レブロン・ジェームズ「レイカーズを操る魔法」~レガシーの継承:ショータイム~

posted2020/11/27 08:00

 
マジック・ジョンソン×レブロン・ジェームズ「レイカーズを操る魔法」~レガシーの継承:ショータイム~<Number Web> photograph by Getty Images

“ショータイム・レイカーズ”の黄金期を築いたマジック・ジョンソンとその復活を託されたレブロン・ジェームズ

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

'80年代にNBAで一世を風靡した“ショータイム・レイカーズ”。黄金期を築いたマジックはチームを5度優勝へ導いた。そんな彼が切実に願ったかつての王朝の再建。復活のミッションを与えられたキング・レブロンは、在りし日のレジェンドを思わせるパスの魔法で、10年ぶり17度目の優勝を手繰り寄せた。

 2年前の6月最後の日の夜、マジック・ジョンソンは、ロサンゼルス郊外にあるレブロン・ジェームズの家を訪れた。家の前に車を停めて1時間待ち、夜9時を過ぎてNBAのフリーエージェント交渉が解禁されたのを確認して呼び鈴を鳴らした。

 当時、マジックはレイカーズのバスケットボール運営部門代表。その夏の目玉フリーエージェントだったレブロンを勧誘するための訪問だった。他のスタッフを伴わずに1人で行ったのは、1対1で話をしたいというレブロン側からのリクエストだったという。

 その夜、2人は2時間以上バスケットボール談義に花を咲かせた。

 もともと、レブロンにとってレイカーズが移籍先の第1希望だったこともあって、形ばかりのプレゼンテーションは省き、具体的なチームの方向性や補強計画の話や、エリートプレイヤー同士だからこそ理解しあえる経験談などで盛り上がったという。バスケットボール殿堂入りの名ガードのマジックと、すでにマジックと肩を並べるほどの実績をあげているレブロン。同じレベル、同じ視点でバスケットボールを考える2人の話は尽きなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3494文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

マジック・ジョンソン
レブロン・ジェームズ
ロサンゼルス・レイカーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ