Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

菅野智之「体も心も言葉もすべてがお手本」~ダルビッシュを語ろう~

posted2020/11/11 08:00

 
菅野智之「体も心も言葉もすべてがお手本」~ダルビッシュを語ろう~<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

日本球界を代表する投手、菅野智之はダルビッシュに“片思い”をしている

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

今季は開幕13連勝を記録し、リーグ制覇に大きく貢献した。最多勝もほぼ手中にした日本球界を代表するエースは、MLB最多勝投手の姿から何を学び、刺激を受けているのか。

 日本のプロ野球選手にも多くの“ダルビッシュ信者”がいるが、今季のセ・リーグを制した巨人の菅野智之投手もその代表的な一人である。日常的にテレビの衛星中継やネットで登板試合を観るだけでは飽き足らず、YouTubeやツイッターなどのSNSでの発信も細かくチェックしている。

 そのマニアの目からは、今年のダルビッシュの活躍の要因が、どんなところにあったと見えているのだろうか。

「やっぱりコンディショニングですよね。去年は原因不明の体調不良に悩まされていたと、本人が話されていましたけど、原因不明っていうのが一番怖い。治しようがないからです。実は僕も去年、似たような症状を抱えていたので分かるんです。原因さえ分かれば治せる、修正できる。それが原因が分からないからどうしようもない。そういうもどかしさみたいなものは、僕も同じだったので何か凄く分かる気がしました。でも今年はそういうものがなくなって、それが好調へとつながる一番の要因になっているんじゃないかと僕は思います」

 体調面の不安もあって、期待されながらシカゴ・カブス移籍後はなかなか結果を出せなかった。ただ、そんな状態から這い上がって、今季はサイ・ヤング賞の有力候補にまでなる活躍を見せた。その理由を菅野はダルビッシュの持つ引き出しの多さだと指摘する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1763文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダルビッシュ進化論

Sports Graphic Number 1014

ダルビッシュ進化論

 

ダルビッシュ有
菅野智之
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ