SCORE CARDBACK NUMBER

ロケッツGM辞任のモーリーがNBAで起こした革命と功績。~最高のパートナーへの思い~

posted2020/11/11 07:00

 
ロケッツGM辞任のモーリーがNBAで起こした革命と功績。~最高のパートナーへの思い~<Number Web> photograph by Getty Images

モーリー最大の功績はハーデン(右)を加入させた'12年のトレード。約13年間で77ものトレードを成立させた

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 この十余年、ヒューストンから飛び込んできたロケッツのニュースに何度驚かされたことだろうか。たとえば2012年にジェームズ・ハーデンを獲得したトレードのニュース。'17年にはクリス・ポール、'19年にはラッセル・ウェストブルック獲得のニュースもあった。

 そんな驚くようなトレードを次々に遂行してきたヒューストン・ロケッツのダリル・モーリーGMが、10月半ばにロケッツGMとして最後のサプライズ発表をした。11月1日をもって辞任すると言うのだ。

 モーリーは辞任の理由として家族をあげている。子どもが2人とも高校を卒業したこともあり「今が辞めるタイミング」と決意したと明かす。以前から、いずれは東海岸に戻るつもりだったとも報じられており、そのうち東海岸のチームのフロント入りするのではないかとの憶測もある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ダルビッシュ進化論

Sports Graphic Number 1014

ダルビッシュ進化論

 

関連記事

ヒューストン・ロケッツ
ダリル・モーリー
ジェームズ・ハーデン

バスケットボールの前後の記事

ページトップ