熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

相次ぐJリーガー不祥事 「ブラジル人選手のトラブルをどう防止する?」クルピ、代理人らに聞く 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/11/10 11:01

相次ぐJリーガー不祥事 「ブラジル人選手のトラブルをどう防止する?」クルピ、代理人らに聞く<Number Web> photograph by Getty Images

Jリーグで立て続けに起こった所属選手の不祥事。セレッソなどで指揮を執ったクルピ氏らに意見を聞くと……

人間性や言動に危うさを感じたら推薦しない

――どうすればブラジル人選手のトラブルをなくす、もしくは減らすことができると思いますか?

橋本:自分は選手をJリーグのクラブに推薦する前に必ず本人と面接し、プレー面のみならず人間性を見る。

 日本社会、Jリーグ、これからプレーしようとするクラブのことを説明しつつ、日本で責任ある行動が取れ、クラブでも問題なくやっていけそうかどうかを査定する。

 いくら優秀な選手でも、人間性や言動に危うさを感じたら推薦しない。

 また、クラブとの契約書には、「こういう問題を起こしたらクラブ側が無条件に解雇できる」という条項があることが多い。これらの禁止事項を丁寧に説明し、納得させる。日本へ着いてからも、常に連絡を取り、どのような生活を送っているかを確認する。

 さらに、今回のような不祥事があれば、誰が何をしてどうなったのかを説明し、改めて注意を喚起する。

公になったのは氷山の一角と言って過言ではない

デビット:日本では、どのクラブも再三、選手に生活面の注意を与えている。世界的に見ても、しっかりやっている方だと思う。

 ただし、外国人選手は文化と習慣が異なる国から来ているし、言葉の問題もあるから、一層のケアが必要だ。

 通訳をはじめとするクラブ関係者の責任も大きい。選手が安心してプレーできるよう、家族も含めて常に万全のケアをしてあげなければならない。

クルピ:私も、選手の選別と監督を含めた周囲の人々による継続的なケアが重要だと思う。

橋本:選手時代から代理人の今に至るまで、ブラジルでも日本でも多くのトラブルを直接、間接に見てきた。闇に葬られたケースも多々あり、公になったのは氷山の一角と言って過言ではない。

 選手も生身の人間だから、誠実で真面目な男でも想定外のトラブルを起こすことがある。子供の頃から家族、指導者、周囲の人間がプレー面だけでなく日常生活に関しても教育、指導を徹底する必要がある。

 とりわけ、外国人選手は日本とは全く異なる環境で育ち、異質の教育を受けている。規律に厳格な日本社会で問題を起こすことなく最高のプレーができるよう、周囲の人々が手厚くフォローしてあげなければならない。

【次ページ】 エジムンドやロビーニョらは……

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
レヴィー・クルピ
アルビレックス新潟
道淵諒平
ベガルタ仙台
アデミウソン
ガンバ大阪

海外サッカーの前後の記事

ページトップ